失敗国家(その3)メディア様とは所詮独裁者の支配の為の手段

 世界的にきな臭い状況が続いているが我が国のメディア様と自称進歩的知識人(笑)とセンセイ方は死んだ子の歳を数えるが如くその死んだ子(20世紀末に大失敗した社会実験の事)が西側諸国のエゴで丸々経済的に太ってやがては西側体制に近づいてくれるものかと期待したが死んだ子がゾンビ化して旧ソ連プーチンロシアゾンビ(米国に対抗する勢力に復帰して世界の反米国からの渇望を集めたい。。。)と鄧小平亡き後の権力闘争に勝ち残り西側の注ぎ込んだ膨大な餌を権力と支配の為に全投入した支那のプーさんゾンビは少なくとも後者は支那による世界支配に向けて着々と計画的に戦略的に支配を進めているのは公知の筈なのにどういう分けか我が国のメディア様と進歩的知識人(自称)の方々は情報発信されない様である。

aviation-space-business.blogspot.com

 支那プー共産党支配をディストピアと解するか否かは個人差があるだろうが我が国のメディア様は「支那様の批判してはならない」と有形・無形な支配を受けているらしい。そりゃNHKの中に支那メディアが居たり不都合な情報は即矯正遮断される管理社会をディストピアと言わずして何と呼ぶのだろう。無論民主主義など共産主義世界では無視すべきブルジョア教義に過ぎないからこの管理システムは統治する側にとっては理想のシステムであり独裁者なら(恐らくプーチンロシアも)是非に欲しいシステムであろう。

 こんな状況に至ってもおバカ野党は上記マイクロ支那の真似事を金髪不自由ジジイとガソリン野郎が虚偽の公共放送(自称)と称して世論(笑)操作を行いそれに政党助成金を広告会社並の資金を投入していたとは流石元日本社会党ご出身でやり方が姑息で時代遅れで思考回路が20世紀に大失敗した社会実験そのままという新たな(55年からずっと)ゾンビであろうか。人間若い頃に会得した思考・思想・価値観は死ぬ迄持続する人が少なくない(人生観と呼ばれるものかもしれない)から心の中でどう考えようが自由だが願わくば心に締まって人生を負えられるのが宜しいのではないか。実際子や孫に「お父さん(おじいちゃん)は学生時代活動家だったんだよ」と自慢する人は稀と鑑みるとご本人も後ろめたい(君達が反対していた体制に人生を分け与えて頂いたのだから。平和な幸運な人生を過ごせたのだから。)気持ちがあればこその言動であってn回目のゾンビ先導(あるいは歴史に学ばない愚か者)されて同窓会宜しく集まるのは反省が足りない証左では無かろうかと上から目線で書いてみる。

 

失敗国家(その2)

 マルクス君の妄想失敗国家ばかり論ってはバランス悪いだろうから西欧の仮想失敗国家の最右翼たる官僚国家EU様に言及してみる。もっともEUなんてユーラシア大陸辺境の土着民で意識高い系がユーラシア大陸の辺境が二度目の世界大戦(二度共ユーラシア大陸の辺境が戦場で二度共同じ国が開戦国となる偶然にしては出来過ぎている意識高い系)の発端となった上に二度目の大戦では占領地となっていた国が戦勝国となるまか不思議な辺境でもあるが勝てば官軍で負ければ次の大戦が起きる迄敗戦国としての敵国条項が適用され続けるのがゲームのルールである。後知恵で申し訳無いが失敗官僚国家EUとは:

1.当初はユーラシア大陸辺境の自称含めて先進国ローカル経済同盟であった。

2.その後他の経済圏に対抗する為(というか自分らの経済没落を防ぐ為)に先進国ではない国含めて勢力拡大を画策

3.その先進国では無い国を先の2度の大戦の戦犯たる分裂国家の悪玉の方(無論元共産主義国家である)の意識高い系元学者婆さんが金蔓として最大限に活用

4.散々安い人件費調達で潤って来たのに民族騒動が活性化すると手のひら返しで移民禁止。2020年からの武漢肺炎とその亜種で更に加速し意識高い系の成果物であった筈の国境廃止が消滅

5.前後するが重要加盟国の大英帝国がすったもんだで離脱

 元々価値観が類似している国家同士の寄り合い同盟であったのをメルケルババアのエゴで破綻するのが見えていた破綻常連国をカモとして加盟させたのが失敗の始まりでそれを認めず理念とかいう無価値なプライドに固執するのが毎度毎度の意識高い系の失敗パタンで失敗仮想国家EUはそれを地で行っているように極東の島国のド素人からは見えてしまう。まあ二度も世界大戦で殺し合いを繰り返した国々が連盟・連邦を構成出来る事にある種の感銘を覚えるがそれも旧東ドイツのババアの欲望で破綻してしまった(ように見える)。

 これを失敗国家と言わずに何と呼ぶのだろうか。もっともリアル失敗国家たる共産主義国家とは異なりリアル国家は別途存在する仮想的な国家共同体で留めておけばよかったのに旧東ドイツのババア(しつこい)の欲望で国境無くしたり基準未達で破綻必至な西欧文明の起源を自称する国を加盟させてから没落の一途を辿るのは3回繰り返せばいい加減意識高い系のインテリ様も気付くのではなかろうかと極東の島国の無学なオジサンは愚考する訳ですよ。

 結局二度の大戦と同じで東のプーチン熊が侵略してくる迄気付かないとしたら意識高い系の集合知おバカとしか言い様が無くかといってNATO諸国の同盟強化(特に米国)の動きを顕著化するでも無くどうするつもりなのでしょうかねぇ? まあ二度の大戦で滅びても復興するのがユーラシア大陸の辺境の人達だから仮に核戦争が勃発しても(長崎や広島の例の如く)何事も無かった様に復興するのだろう(か)。

 個人的にはメルケルババアが戦犯だと思っているのですがね。。。

 

失敗国家(その1)と心理歴史学

 年末年始休みでAsimovのFoundationを音読した為か? Asimov熱が再発して今ははだかの太陽をちょこちょこAlexaに音読してもらっている。そういえば最近Alexaは報道管制というか情報操作を受けてる為か(妄想です)無知というかおバカになっている気がしている。特に武漢肺炎に関する情報は「オミ株の死亡率はいくらか?」などという質問に答えてくれないしAlexaは算数(足し算はともかく割り算は不可能らしい)が苦手でこれでは小学生以下の知識(情報と知恵と知識は別物と個人的には考えているので。。。)と言わざるを得ない。話を戻して心理歴史学(注:上記SF小説に登場する架空の学問です)を反芻するに現実世界に於ける失敗国家の虚像と実像を想起するのも酔狂で宜しかろう。

 Issac Asimovは自伝で記しているが旧ソ連というかロシアの出身で共産主義革命で両親が米国に亡命した子孫であり米国国民として朝鮮戦争にも参加している。そういう経緯から(というか作家という人種は意識高い系が過半故)共産主義には批判的であり同氏の作品には(というか多くのSF作品には)共産主義礼賛の傾向は見られないと思っている。まあSF作家はファンタジーや理念だけではScienceにならないので理系か少なくとも科学技術の素養或いは勉学に務めた方々(無論、例外もあるだろうが)が著述するので私のような理系空間の末端にぶら下がっている人間にとっても親和性の有る(容易に理解出来且つ嗜好が合う)作品が多いのかもしれない。特にAsimovは生化学准教授でも有りSFだけでなく科学技術解説やミステリー他の膨大な著作(残念というか当然というかその中には恋愛やロマンスといった人類普遍のテーマに関する著作は皆無で流石の御大でも不得意分野は存在したのだろう)でも宗教に関する著作は僅かにあれど似非科学や超常現象については科学的・論理的に徹底的に弾劾しているし似非科学モドキの活動家に対しても同様である。

 またまた話が逸れてしまったが小説だから当然とはいえFoundationに登場する架空の学問である心理歴史学が予想する状況とAsimovが過ごした現世との関連性に着目してみるに御大が亡命した旧ソ連は20世紀に滅亡しマルクス君の妄想世界の共産主義国家とやらは当時百を超えていた国家が今では数カ国に滅亡してしまった。国家百年の計とも言われるが今存在する共産主義国家(自称含めて)は百年に至らず捏造で70年超えとか自称している支那プーでも支那プー王朝が百年続くかといえば支那プーが改造人間なり人工生命体に転化しない限り難しいのだろう(か)。英国の分裂国家たる米国ですら200年を超えているのに共産主義国家とやらは百年経たずして数%の存続率ではこれを失敗国家と断定しても良いのでは無いだろうか? 無論意識高い系の方々や自称進歩的知識人(笑)のセンセイ方は無視なり否定なさるかもしれない(一部極東のガラパゴス知識人さんは)が失敗国家である事には違い無い。

 その失敗国家の元祖(旧ソ連プーチンロシアとセカンドソースの支那プーがソ連時代宜しく世界中で色々活動されている(無論、極東島国のおバカメディア様と意識高い系と自称進歩的知識人の方々含む)ようだが西側も我が国程にはおめでたくもおバカでも無いから(殺し合い・騙し合いは彼らの本能のような物だから)仮想空間・リアル空間含めた21世紀の戦争が日常的に発生している現実がある(と思っている)。

 所詮一小説家ファンの妄想に過ぎない与太話ではあるが心理歴史学のような学問がもし実在していたら人類ももう少し効率的に科学技術なり文明を進化させる事が出来ていたのかもしれないと妄想したりもする。無論そのような物語が成り立つのは小説の世界だけであるからリアルな世界で苦悩する人類の一人としては失敗国家はその権力構造をそうでない(少なくとも百年以上も持続ていいる失敗ではない国家体制)に権力移譲なり革命なりしてもらえると多少なりとも世界平和と人類の進歩に繋がるのではと愚考するのだが奴らも死滅は避けたいからこうして生き残りを賭けた活動を繰り広げているのだろう。さて旧新ソ連プーチンロシアは二度も西側に打ち負かされる(経済的・軍事的或いは両方)のか支那プーはどうなるのか興味は尽きない。

 

カフェイン中毒のリスク

 仕事柄オフィスで終日デスクワークの為か元々眠くなりやすい体質(人間じっとしてると眠気を催すのは自然だが。。。)故、眠気覚ましの嗜好品を色々試していたがミント系は効き目なし、紅茶系は5杯以上飲んでどうにか、コーヒーも試したが苦くて眠気覚ましの為だけには苦痛でおまけにカフェイン中毒の兆候である嘔吐感が時折発生と知らぬ内にカフェイン中毒の兆候が現れていると知る。先日はAmazonでカフェインサプリとやらで150mg/錠を2〜3回服用して同様の嘔吐症状が現れカフェイン中毒でしらべたら一日400mg、200mg/回が上限でカフェイン中毒のリスクが有り症状としては嘔吐感、他が見られるとまさにその症状が現れており嗜好品とサプリの見直しを行う。素人療法は駄目で無知がそれを悪化させている。猛省。

 

小箱が終焉するとサングラス廃人が増加する(のか?)

 個人的には全く興味が無いのだが一部の意識高い系とアーリアダプタの方々がメタバースとかいう何度目かのセカンドライフ系+VR/ARゴーグルで仮想現実世界ごっこを流行させようとハードウェア・ソフトウェア・ソーシャルネットワークベンダ込みで活動中のようである。ビジネスにも使えると主張されてるのは一昨年から大流行(悪い意味で)している武漢肺炎とその亜種により対面が困難になっている状況も背景として有りその意味ではリモート強化策としての商品価値はあるのだろう。タイトルの小箱とは一人1個は持っているレンガのような小箱で一部の方はそれに乗っ取られている?あの小箱である。小箱のエコシステムは愚民の思考を奪い愚民がキャリア様に通信料金というお布施を貢ぐ事でキャリア様とその下僕共が維持されるキャリア様の為のエコシステムとも言えるのだろうが一部の不適合者(私もその一人)を除き概ね好評らしい。

 その小箱の後継を狙うのが先の仮想世界ごっこ(言葉が不自由で申し訳ありません)+洗脳装置たるゴーグル型サングラスでこれによって素晴らしい仮想現実視覚と小箱を凌駕するUIを実現しポストコロナ(武漢肺炎とその亜種)にも対応していくのだ〜というのが空疎な私のオツムでの理解であります。

 まあ毎度の如く普及に失敗しても(個人的には成功する可能性は極めて低い(Google glassですらアレルギーや法規制を叫ぶ者がいたのに)と思えるが)小箱エコシステムが飽きられて愚民共がキャリア様に貢がなくなるのをエコシステムを維持する側は考えるから小箱の代替愚民共を飽きさせぬサーカスが登場すればそのエコシステムを構築するプレーヤー(当然その下僕達含む)も二度や三度や4度や5度の失敗にはめげずに挑戦し続けるのは中長期的に考えれは良い事でトラか猫かは知れぬが死しても何らかの皮は残す(期待しているのは小型表示技術と超省電力技術)筈だし電子老眼鏡で人生百年時代とやらに備える為のペースメーカ(或いはサイボーグ化の前段階)なる技術改革を肯定的に期待したい。

 結論:小箱で停滞してもらうよりは死屍累々なサングラス廃人の死屍累々からクラウド型電子老眼鏡の如き「遠隔監視型介護グッズ」のような高齢者向けインフラが提供される未来を5〜10年以内の実用化を期待。そしたら五感がジジババになっても維持されるならばそれこそ人生100年時代で社会的お荷物としての高齢者負担を(自助努力という名の下に)肯定的に解消出来るやもしれずと一週間遅れの初夢を語ってみた。このような技術やスキームも広義の意味で立派な介護事業と言えるのではないかと当事者としては考えるし経産省厚労省も予算配分を賜われると有り難いですね(願望)。

 

環境馬鹿は所詮胴元の走狗に過ぎず

 既に昨年末から話題になっているが意識のお高い官僚天国EU様が原発天然ガスはクリーンエネルギーであると認定なさった模様で環境馬鹿を煽るメディア様の典型たる衰退産業の筆頭(自称)の朝日新聞の記事を引用しておく↓

www.asahi.com 我が国の意識高い系の方々や自称進歩的知識人さんは欧州信仰著しく官僚組織EU原発天然ガスはクリーンエネルギーであると「定義」すれば即日そうなるという不思議回路でいままで馬鹿の一つ覚えの如く反原発・反化石燃料とか馬鹿騒ぎしてたのはメディア様の「無思考回路」の賜物なのだろう(ね)。まあメルケル婆さんが引退して左傾化するドイツは有り変わらずフランスの原子力発電に電力を頼りロシアのガスパイプラインにエネルギー供給を頼らねければ科学文明が滅びる現実を賢明なEU官僚様はご承知で故に環境馬鹿共が暴走する前に手を打ったのだろう。環境馬鹿は脳内空間と現実世界の区別が付かない社会不適応者故我が国の絶滅危惧種政党と同様な「自分たちの理念が第一」で現実世界との整合性など無視して科学文明社会に寄生なさっておられる方々故、EUには何も言わず何故か自国政府(と米国)には小学生以下の思考停止(原発反対、化石燃料反対、、、)宗教を宣うジジババ世代が早く人生の終活を迎えられると宜しいのにと悪態をついてみる。

 

リハビリ

 リハビリと書いてリマインドとも読む。常用しないツールはすぐ忘れてしまうもので処方箋は何か理由をかこつけて(目的化して)使うように自己強制化するぐらいしか年始脳では思いつかないので暇を費やしてそれをちょこちょこ試みる。

1.Eagle

 昔ドイツのCadsoft今はAutodeskに吸収されてFusion360との抱合せ販売でサブスクリプションが年間6万円になったEagle PCB CADである。私はその商法になる前からサブスクしてるので月2000円のお布施(年間24000円)で済んでるとも言えるが使用頻度にムラがあるから個人用途としてのEagleは微妙(費用的に)で楽して移行出来るなら他のCADに移行したいがそうも行かないからお布施を払っているのが実態。サブスクリプション商法考えた奴は頭が良いねぇ。何もしなくて金入ってくるのだから。

f:id:aki_iic:20220103100924p:plain

Eagle m68030_v0 XC95108 ピン再割当て修正中

 最近著しく目が悪くなったようで会社でもダークモードで端末を使用しておりEagleでも回路図は白、基板はダークモードにしてたのだがとうとう回路図もダークモードにした方が見やすくなる体質になってしまった。とはいえ日によって白の方が見やすくなる時もあって不安定な状況なのも悩みの種。Eagleは最近E480 Ubuntu20.04に導入した9.6.2である。小さい字を見るのがしんどくてたった69本の信号線なのに修正未了という体たらくは期限を切られない(切らない)のも一因だろう(か)ね。

2.LTspice

 令和二年卯月にちょこっと書いた気がするが学生時代の友人の問にそれっぽいエビデンスを付きたくてE480のUbuntu20.04にwineとLTspiceを導入して簡単なシミュレーションをやってみた。LTspiceがwineで動作する事はUbuntu18.04のYoga710で二年前に確認済だったのでUbuntu20.04でも滞り無く導入終了。目的は乗算機(周波数変換)を正弦波×正弦波と正弦波×矩形波での合成波形とスペクトラムを可視化したかったので以下の如くモデリングとシミュレーションを行ったが内容については正直自信が無い。。。

f:id:aki_iic:20220103102118p:plain

乗算機1 20220102 LTspice on wine/Ubuntu20.04(x64)

 何かそれっぽくFFTスペクトラムも出てる気がするのでこれで誤魔化した(つもり)。本当はdiode DBM迄回路図入力出来ると良かったのだけどトランスのK L1 L2 L3なる記述をどこで行えば良いのかすら分からず(恥ずかし)乗算機(というか乗算式)だけだが取り敢えず由とする。

3.MindManager

 以前使っていた台湾製のXMindがUbuntu18.04で動作しなかったので代替として香港支那製のMindManagerを使っている。日本支店?が資本金500万で従業員500名とか共産党配下のソフトを使うのは正直避けたいのだが本ソフトが支那製であると知ったのは使い込んで暫くしてから(支那はこの手の生産国偽装が多いので注意を要する)だったし使い勝手は確かに良い(台湾製のXMindよりも)ので情報流出のリスクを覚悟しつつ時折使っている。ネットで検索しても情報操作系のアフィリエイトが多く(まあこういう業界ではどこもそうなのかもしれないけれど)信用出来るかは不明。支那製ソフトはWindowsならば100%使わないからLinux版では要監視状態といった処だろうか。別段企業がどうこうではなくて支那共産党の指示に従わねば存続出来ないからスパイウェアは標準装備ぐらいの心構えで捉えておいた方が良いと考えている。Kingsoftのスパイウェアの件等支那製ソフトは如何わしい物が標準装備と認識しているので出来れば使いたくはないのだが。。。

f:id:aki_iic:20220103103726p:plain

支那製MindManager

 本ソフトは所謂マインドマップ系なので代替手段は存在するがLinuxサポートとなるとjavaでフリーのFreemindと上記台湾製Xmindと本香港中華MindManagerぐらいしか見当たらない模様。MindmapはWindows用を前職で何種類か使っていたのでWindowsならばそちらを使うのだがLinux版だと選択肢が狭いのはLinuxオフィス系ソフト共通の課題ではある。因みに台湾製XMindは↓

f:id:aki_iic:20220103104326p:plain

Xmind

 製品版ではMindManagerからインポート出来るらしいが40USDレジストする気になれず試していない。そういえば最近支那からフィッシングメールが増えてるのはこれと関係が・・・などと根拠も無く妄想するのは陰謀論者の誹りを免れないので控えておこう(自省と自制)。