メディア様は衰退しました(自滅ですが)

昨今の武漢肺炎支那コロナウィルスを何故かメディア様は「新型コロナウィルス」としか報道しない。日本脳炎四日市咳、水俣病スペイン風邪は報道するのにね。政府の武漢肺炎支那コロナウィルス対策にも切り取りと針小棒大大好きでそりゃ財務省 岡本薫明 が減税断固拒否で抵抗しているからろくな経済政策も取れずこのままでは私のような失業者・経済弱者は死を選択さぜるを得ない場面も少なからず発生するだろうに上級市民(彼らは国民と呼ばれるのを潔しとしないだろうから「市民」と呼んであげよう)たるメディア様は国民が死ぬ事よりいたずらに騒ぎ立てる事で国民の不安を煽るのに余念が無い。メディア様も世代交代の影響だろうかこの十年程の劣化おびたたしく何より朝日新聞、変態新聞らの取材を行わないのにメディア様とはこれ如何に状態が起きている。取材無くて報道無しがメディア様の基本だと思うのだが昨今のメディア様は「読書感想文」レベルの原稿でもパスしてしまうらしいですねぇ。まあ先輩方の背中を見て後輩諸氏は現職にあるのだろうからそういう体制だということですな。報道速度・情報の質でネットに遥か先に行かれてしまったメディア様、特に時代遅れの新聞紙配達がビジネスモデルの新聞社さん(実態は不動産業者らしいが)は衰退しない方がおかしいくらいなのに何ら企業努力をせず自分達は上級市民様で何をやっても許されるという思考回路はどこぞの野党と左翼に共通する面多々有り。そういえばそういう境遇の学生時代の活動家モドキの文系さんが多数当時就職先が無くてメディア様に多数採用されその末裔と劣化コピーが今のメディア様とも聞く。であれば現状の衰退(正確には自滅)もさもありなんと。歌を忘れたカナリアもどきは自らが雀に過ぎないのにカナリアのふりを長年してきたがもはやジジババでも「ああ雀が何かチュンチュン騒いでおるわ〜」程度の扱いをされてるのをご本人達だけが気づかない。俗に言う「認知的不協和」の典型だろうか。信頼回復の機会は少なからず有っただろうに自浄能力が欠如してるのはこの手の企業形態では良く有る事で既得権益に守られている事業はそれが失われると滅びるのは速い。メディア様は未だに手厚い既得権益の庇護の中でもこのような衰退を辿るのだから自業自得としか言いようが無い。