平家の祇園精舎を知らない日本人って居るのだろうか?

祇園精舎の鐘の声諸行無常の響きあり沙羅双樹の花の色勢者必衰の理を表す。奢れる者も久しからず只春の夜の夢の如し猛き者もついには滅びぬ単に風の前の塵に同じ」

 日本人の教養として高校古典の授業で暗記させられる平家物語祇園精舎で現出する諸行無常の意味は仏教用語だが常識として広く知れ渡っていると思っていたがそうでも無い人達が認知バイアスで誤解した人達が騒いでいるみたいでこれもゆとり世代の弊害だろうかとか挑発的な事を書いてみる。私は仏教徒では無いが諸行無常は万物の流転と無為を悟る語彙であってそれ以上でもそれ以下でも無い。どういう使い方をしてもこれに反発する人達の教養を疑うとは言い過ぎなのだろうか。まあこういう下衆なネタを引用する私の方がそれなのだろうか。狂人のまねするは即ち狂人なり(兼行法師)。不寛容な人達。