こどもニュースおじさんが(子供並のオツムの)おとな向けバライティをやってる件

 その昔毎日放送終了時に国旗と国歌(君が代の事だ)を放映する国営放送局があった。その国営放送局の総合チャンネルと呼ばれていたチャンネルで18時頃にこどもニュースという子供向けニュース番組があってその中の解説おじさんが子供向けに分かり易い解説を行い好評を博していた。時が流れて国営放送局のこどもニュースおじさんも齢を取り定年退職の時期を迎えフリーとなり民間放送番組に出演するようになった。こどもニュースおじさんは元々こども向け解説を得意としていたのでテレビに教育されたこども並のオツムの視聴者にはこども向け解説が「おとな」でも好評となり長期出演を果たしそれは今でも続いている。国営放送局でのこどもニュースで習得したこども水準の解説は報道と取材を忘れた非線形伝送媒体のコンテンツとして重宝されていたがその手法と意図が明るみに出るにつけ批判が高まっていった(つづく)・・・