日経xTechが駄目駄目な理由

 リハビリ兼ねて少しは俗世の情報を掴まねばと思い時折日経xTech(ダメTech)のhpを見てみるともう劣化を通り越して朝日新聞ばりのメディア様に進化(劣化)しておった(悲)。

日経ダメTechは技術者の為の情報提供の筈なのに技術ではなく○○批判(○○には政府だったり特定分野だったり理解関係者以外のどこか)ばかりが目立つが状況改善の提案が全くと言って良い程見られない。見られないというよりは考えられない(考えられるだけの頭が無い。何故ならメディア様だから)おバカ丸出しなのは正にIT詐欺師業界の朝日新聞の面目躍如であると断定してしまおう。多少専門的な記事は自社記者ではなく外部の専門家にアウトソースしてる処からも社内記者の能力低下が尋常でないレベルになってる事を伺わせる。まともだと思っていた日経エレクトロニクスも(偉そうに)日本の家電メーカを朝日新聞ばりにご批判なされており支那への技術流出が家電業界衰退の一因でもあるのにそれには全く触れずこれまた朝日新聞同様に支那様の批判は一切しないと類似度が極めて高い。

 まあこんな有様だから日経BPの売上が上がろう筈もなくトドメで日経コンピュータ芸人木村君が相も変わらず身の程知らずな上から目線ポエムを垂れ流しては素人でも見なくなるだろうな〜と悲観的予測。最大の要因は技術レベルの低下とメディアとしての発信力も矜持も無い昨今おおバカメディア様のトレンドにしっかり追従している(彼らにとってはそれが正義なのだろう、多分ね)のはまあ、死亡フラグでしょうね。競合他社の登場に適切な対処が取れず過当競争で敗北者が出るのは市場競争では当然で無論出版業界も例外では無い。親会社の日本経済新聞社は電子版なりを出して滅び行くメディア様の中で頑張っているのに子会社の日経BPの広告サイトである日経ダメTechはマイナス広告にしかなっていないのは皮肉としか言い様が無い。日経おバカActiveは評論にも値しない単なる垂れ流し太鼓持ち広告に過ぎずもっと正直にスポンサー広告サイトと明記した方が詐欺商法に見られずに済むのでは。もっとも太鼓持ち広告なら強豪他社の方が遥かにお上手だから誇り高き新聞社系の日経BPの下部組織の日経x(ダメ)Techさんでは力量不足かもしれないが。暗黒卿はメディア様の人材は三流と称していたが案外正鵠を射ているのではと思う今日このごろ。