Amazon smart plugでVUIなIoTごっこが出来る迄

 Amazon smart plugで屋内照明をAlexaから音声制御出来るようになった。教訓としては:

 ・設定にはiOSAndroidが必須(echo単体では出来ない)でBluetoothWifi接続でAlexaアプリを使う必要がある。つまりecho show単体ではスマートプラグの設定は出来ない。どういう訳かAmazon fire6タブレットでも設定出来なかったのでiPadにAlexaアプリを導入して試行錯誤のあげく設定完了に辿り着く。

 ・スマートプラグのLEDは赤/青点滅が設定待ち(Bluetooth接続が必要)。青の1秒点滅の後Alexaアプリとネゴシエーションが行われると青の連続点滅(0.2秒周期ぐらい?)になってそののち青の点灯に変化して設定準備完了。それからグループ設定、グループ名を設定してやっと「コンピュータ、グループ名 オン|オフ」と呪文を唱えて制御可能となる。

 ・探し方が悪いのかもしれないがスマートプラグの接続が上手く行かない時のトラブルシューティングの情報がまだまだ少ない。今回遭遇した「サーバーが応答してません」なるエラーがあったが何処のサーバかさっぱり分からず(ハードウェアなのかソフトウェアなのかスキルのサーバーなのかデバイス(スマートプラグ)を制御するサーバなのか時にAmazonローカル用語は省略が過ぎて意味不明)問題解決に時間を要した感あり。まあ新しい技術に接する際に払わねばならない「授業料」なのでしょうけど。

 一度使えるようになれば構成上はWifiリモートACコンセントだから負荷に照明を繋ぐと照明制御に家電機器を接続すれば家電機器制御となる。純正スマートプラグは2千円と高いが3rdパーティ品は千円と半額で2千円でも千円でも秋月で部品を集めて類似品を製作するのに比べれば破壊的に安い。NRIの人が書いたVUIの解説書をAlexaにKindle本を音読した印象ではAlexaでスマートデバイスを制御する為のVUIインタフェースは開発環境が提供されているとはいえハードウェア・ソフトウェア共に素人が気軽に出来る代物とも思えない。原理的にはWifi制御のIOだからArduinoレベルでも可能なのだろうが必要とされる認証・VUIのインタフェースを構築するのは色々下調べをしないと難しそう。