node-redでrpi2b+mcp9808で測定した温度をgaugeとchartに表示する。

 タイトルの通り通勤電車内で後閑本を読んでnode-redでグラフを書く例の簡単そうなものから始めてみる。

1.ハードウェア構成

 rpi2b+Groove HAT+mcp9808温度センサ(前回と同じ構成)

2.フロー

f:id:aki_iic:20210708224626p:plain

rpi2b+Groove HAT+mcp9808

 Alexa系のノードはrpizeroと競合するので削除してそこに周期毎(30秒)に温度測定のpythonコードを呼び出してゲージとチャートに出力するようにした。尚本機能はnode-red-dashboardをパレットから導入しておく必要がある。

3.ゲージとチャートの表示例

f:id:aki_iic:20210708225213p:plain

node-red ゲージとチャート

 温度が高いのはマシンの近くにセンサがある為「暖められて」いるから。

4.まとめ

 思っていた以上に簡単に組み込める。node-redはインタフェースも今回のようなダッシュボード系も充実しておりIoT(笑)用途としては現時点としては充分過ぎる印象。開発・サポートして頂いてる関係者の方々に深く感謝。