続々・環境馬鹿が世界を滅ぼす

 再び日経駄目XTechの記事についてだがどうやら日経ものづくりにはマトモなライタさんがおられる(私の主観)様で文系おバカメディア活動家モドキとは全く異なる視点というか普通に科学技術の常識を弁えていればこうなるよねと思われる記事を発見↓

xtech.nikkei.com

 有料記事故タイトルでご容赦だがタイトルだけでも充分真意は伝わると思っている。この内原子力は文系おバカメディア様と意識高い系の自称進歩的知識人の方々が信奉する欧州さまがお認めになった「クリーンエネルギー」であるから中長期的にはSMR等の新技術導入を、そして直近の施策として非科学的・非論理的(=小池百合子的安全と安心は違うという女の直感)理由で再稼働保留になっている原発を再稼働させないと豪雪で苦しんでる北海道のみならず真冬に停電などという悪夢が起きるリスクが高まっている。考えるに巨大プラントや社会システムというリアルな現実の物理的・科学的・工学的システムに関するメディアである日経ものづくり誌としては日経コンピュータ芸人木村くんのような文系レベルの知能水準(ホンマに日経コンピュータ編集長やってたのか疑問になる。影武者がいたとか?)とは真逆な普通の理系の人、特にエンジニアや研究者の思考と整合の取れた至極マトモな記事に見える。雑誌の記事は所詮はライタの能力次第なので日経ものづくり誌の科学技術に基づく公平な記事と主張に今後も着目して行きたい。