ランキング

 みんな大好きランキングである。順位付けを重視するのは最も単純明白な基準であるし現実に知っていないと支障を来す場面も少なくない。さて今回のランキングは我が国のガラパゴス民(左右関係なく)に信者|教徒が少なくないと言われる狐ランドについてのそれを今更ながら反芻してみる。出自はGLOBAL NOTEとかいうサイトから↓

www.globalnote.jp

 実は精度も信頼性も未確認だが統計情報が集まっているサイトだったので今回のネタとして利用させてもらった(不正確だったらゴメンナサイ)。

1.GDP

www.globalnote.jp

2021年度GDPランキング

 上記の通り(既報の通り)狐ランドは世界11位でこれは10位の大韓民国の下である。表現にもよるがイタリアやカナダより下だがオーストラリアやブラジルよりは上と記されると資源と軍事と農水以外に産業が無い国としてはそう悪くも無い?

2.軍事費

www.globalnote.jp

2020年度軍事費

2020年度だがインドの下でイギリスの上の堂々4位となる。



3.資源

www.globalnote.jp

ロシアの資源統計

 広大で未開拓な国土を有する旧ソ連の大半を継承した国だけあって豊富な天然資源を誇るのは間違い無い(資源だけなら他にも多くの国が相当するのだろうが)。

4.核兵器(弾道数)保有

 これは上記サイトではなくCNNのサイトからの引用。他には広島の平和団体さんの統計があったが申し訳無いが信用度不明だったので採用せず。

www.cnn.co.jp

核兵器(弾道数)保有ランキング

 流石旧ソ連の資産の大半を継承(ウクライナにも配備されていたが既報の通り半ば強制的に廃棄された)しており統計上の弾道数ではクンクン野郎ランドをも上回り世界一である。

5.まとめ

 偏った情報から(統計が偏っている訳ではなくて情報を咀嚼する側(私)が偏っているという意味です)解釈するに:

・狐ランドはGDP世界11位で狐ウクライナ戦争による経済制裁で2022年度は更にランキング低下は必至でありデフォルトによる経済的国家破綻の可能性も取り沙汰されているのは既報の通り(既報既報と一つ覚えだが新規発見なぞド素人が出来ようもなく)。

・軍事はインドの下とは言え変態大英帝国の上の4位でありGDP比で見るにどこぞの防衛費がGDPの1%か2%かで一部の勢力が大騒ぎしている平和ボケ国家とは大違いである(流石大国(皮肉))。

・天然資源は広大な未開拓地域を残す永久凍土に覆われた国だけに豊富な天然資源を誇る。大昔小中学校の社会科で学んだ第一次産業が盛んな国と表現すれば良いのだろうか。

核兵器(弾道数)保有量では稼動状態か否かは別にして腐ってもソ連末裔だけあってかクンクン野郎を抜いて世界一の保有数である。

 (またまた)既報ではあるが表現すると:

核兵器保有数は一流、

軍備も実戦能力は異論はあろうがまあ一流、

天然資源保有量は多分一流、

経済(GDP指標)は二流?

 だろうか。言い換えると経済規模に対する軍事費が掛りすぎており

狐ランドはその前身たる旧ソ連崩壊の道をまっしぐらに猛進中で

全ての責任は最高指導者である狐自身に帰属する。

 という当たり前過ぎるお話で歴史に学ぶならば第二ソ連を標榜する狐ランドが経済崩壊するのを待つのが西側の既定事項でありその為の生贄がウクライナ(酷い言い方ではあるがある局面では実態に近い)と言えなくもない。

 現実は非情である。無論我が国も狐と支那プーとその手下に囲まれた地政学的状況を反芻し悪夢の民主党政権の如き狂気だけは避けねばならないだろう(ホーマー・シンプソン党や活動家さんなぞ論外)。

以上