一年目を迎えて

 過日(令和三年水無月八日)今の会社に入社して一年を無事迎えることが出来た。ご縁を頂いた方々に改めて感謝。武漢肺炎支那コロナウィルスで世界中大迷惑被っている中無論例外ではなく対面を基本すべき報告が通算半年以上もオフライン/オンライン報告が続いておりクライアント(と中の人)にご負担を強いている実態がある。これはオンライン・在宅勤務礼賛派にとっては許容しがたいかもしれぬが世の中万能解なぞ存在する訳も無いから「オンライン・テレワーク慎重派は時代遅れの逆賊」などと短絡思考に陥る事だけは夢夢なさらぬ様。

 この一年での変化(進化)は生産性向上でそうはいっても一年目の並(自社比)に近づいただけの事でそれでも前職の3倍強に相当するから本人なりに慣れと習慣と地味にコツコツ積み上げた成果ではと勝手に思うことにしている。前職の知人から3倍なんてあり得ないと指摘されたが業界を見渡すに前職の方があり得ない状況だったのかもしれない(それは当時の報酬にも反映されていたような)。加えて他の技術分野への入り口(研修というか資格というか)を修了出来たのも収穫で色々周りにご迷惑をお掛けしたが何とか修了出来て本当に良かった。もっともこれはエントリーチケットを手に入れただけであってその分野を手がける機会を頂けたとしてそれから3年は掛かる訳でどの道も一人前に成る道は相応に険しい。毎回期限ギリギリで関係者に迷惑掛けまくっている日常だが分野によってはコンピュータ・サイエンスや俗に言うIT技術に相当する技術内容も少なからず含まれるこの業界に入ることができて心から良かったと考えている。

 願わくばワクチン接種で世界中から武漢肺炎支那コロナウィルスとその亜種が鎮圧され日常生活の回復(当然経済・雇用含めて)を強く願っている。下衆な言い方をするならばそれを阻む朝日新聞・変態ツチノコ他メディア様と14歳との行為を楽しみたい変態民主党破防法適用対象ホーマー・シンプソン党の自滅を日々願っている。情弱のジジババも今回の騒動でいい加減気付いて欲しいのだがテレビと新聞しか情報入手手段を持たない情弱の方々はきっと騙され続けるのだろう。認知的不協和の社会実験とも言えるのかもしれないね。もっとも意識高い系の自称進歩的知識人さんは20世紀に死滅した社会実験の亡霊を未だに信じている(信じないと自己崩壊してしまうのだろう)段階で申し訳無いが自然減しか彼ら彼女らの理念が叶う日は無いのかもしれない。