狐は我々(西側)と異なる世界観で認知している(今更)

 狐が併合したと詐称する地域に対して:

www.nikkei.com

 狐は併合を半年続いている侵略戦争の成果に位置づける気満々で狐の脳内では

特別軍事作戦

  ↓

狐ランドを資本主義の悪魔の走狗たるNATOから守る大祖国戦争

  ↓

その為なら自衛の為の手段は選ばない(当然NBC兵器含む)【今ココ】

 なる狐脳内世界観の発情(発動ではなく狐の発情期なのだろう:)でこれが↓

www.bbc.com

 第二次世界大戦では戦勝国だったのだろうがその劣化コピーの狐ランドのポジションは今や一人枢軸国(支那から距離を置かれインドからは説教され)が嘗てのソ連邦を構成した同士に侵略戦争を仕掛け戦況は狐不利な状況に推移し「併合」したとされる領域も国際的非難を浴び、国連では既得権の拒否権を毎度の如く行使したのは既定事項↓

jp.reuters.com

 表題は言葉の通りで1945年からの既定事項であり狐を支那プーに置き換えても成立する(故にクンクン野郎は総力を挙げて支那プーをクンクン野郎のサプライチェーンから除去しようとしている)。もっとも狐崇拝者の支那プーは今回の戦争の状況で公言する台湾併合を改める気は毛頭無く5年以内にそれは実行に移されるとの予測・予想に平和ボケの極東の島国ですら財務省とかいう抵抗勢力の下衆な抵抗を受けながらも有事対応への備えを始める有様は狐効果の側面でもあるのだろう。

 この独特な世界観を有するに至った狐の属性分析も面白いだろうがボケててもまともな空間に生存するとされるクンクン野郎とアレな女副大統領であっても狐の如き異次元狂人よりは遥かにマシで比較の対象にすら成らぬ(少なくとも西側の価値観では)。

これも独裁者の辿るべき道の必然なのでしょうか(も|ね)?

まあ、代替品も似たようなモノらしいから現状維持だろうか(嘆息)。

 一方、同じ独裁者でも是々非々で東西のバランスを利用するトルコは:

news.yahoo.co.jp

 隣国でもあり領土問題を抱える両国が「国際法・国連・平和」を持ち出す時は利害関係に起因すると見るべきだがどうやら狐に支援してくれるのは宗教独裁国家のイランぐらいしかいないのか(あれだけ支援し続けた南米・アフリカ諸国は?)金の切れ目が縁の切れ目は万国共通なのだろうか。

 

神無月

 先日駅前で狐同士の公安監視対象(別名ホーマー・シンプソン党)のおばあちゃんがボソボソ何か言っていた様だが「悪魔の声を聞くと耳が汚れる(宗教的表現)」故、耳を塞いで通り過ぎたのでありました。1991年に滅びた筈なのに八百万の神々の国の黄色い電車の真ん中付近の地方駅では交番の近くで公安監視対象ゾンビが2匹屯しておりました。どうやらジジババ動員は老朽化・自然減で間に合わんかったのかな? 朝日新聞、変態新聞の縮小同様、良い傾向ですな。まあ、国葬儀反対とやらで吹き上がっていたのが菅義偉元首相の名演説の評価の高まりで左巻きメディアさんが発狂(彼らの行動原理は発狂・革命(口だけ)・混乱・理念(口だけ))したり大嘘を正社員アナウンサーが発情して放送中に謝罪したりと発情期の左巻きはオスメス問わず物理的にも論理的にも近づかぬに限るという前置き。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そのホーマー・シンプソン党本家の狐ランドは100年保たなかった癖に100年前の世界情勢宜しく21世紀の現代に併合とやらを詐称する(併合って韓国併合ぐらいしか知らんがな:)↓

www.nikkei.com

 日本経済新聞は経済以外はまともなようで:

www.nikkei.com

 交戦中故、即時参加は不可能(元々ウクライナNATO参加はしないと言明していた)だし今回の狐併合への対抗処置だがNATOとクンクン野郎の反応係数が狐ランドの命運を制する(短いかより短い顛末か)が負けたことがない(自称)狐は負けた=狐ランドが滅亡したの刻が来る迄か狐の代替品に置き換わる迄この状況が進行するのだろう(か?ね?)。西側(特にNATOの旧東欧勢)最前線とゲームを動かす狐とクンクン野郎の駆け引きは最初からクンクン野郎の不戦敗から始まっている今回の戦争にどう対処するかと言えば・・・

20221001 15:22追記:BBCの報道がバランス取れているので引用しておく:

www.bbc.com

 この辺の正常なバランス感覚を有していないと馬脚を表してしまった我が国のメディア様は国際感覚で言う処のメディアを詐称してはいけない気がしている。所詮戦後のメディアなんてこんなもんだったのかなぁ。さながら空気人形の如くスポンサーの空気に左右され今その空気が枯渇しつつある(広告料収入の事です)に従い空気人形が萎み、狂人・発情・左巻き(口だけ)なスカスカの地が丸見えと。企業として継承すべき資産も無く、元々右から左に歪掛けて情報流していただけがネットのご時世でインチキがバレてもはや不要有害虫駆逐対象(テレビ依存症のターミナルケア患者除く:)にまで進化したガラパゴス(彼らの好む言葉だ:)メディア様の行く末は・・・(これは予想付くな)。

 

デジタル競争力(笑)と出羽守疑惑(嘆息)

 メディア様が流す語彙には意味不明(何とならばメディア様がその語彙の意味を理解せず垂れ流すから。それも朝日新聞のみならず報道する側に都合の良い方向に角度を付けて)なのではとの疑義を抱く例が少なくない。その最たるものがIT詐欺師が流布するIT詐欺師用語のトレンド(笑)の筆頭である「デジタル○○」であろう。

www.nikkei.com

 そもそもIT詐欺師発、メディア様が喧伝なさる「ディジタル」とは何か? 最近の流布状態から推測するに「ディジタルトランスフォメーション(俗に言うDX)」の略らしい。ではDXとは何か。総務省の定義によると:

www.soumu.go.jp

 経産省ではなく総務省というのが泣かせるが(頑張れ経産省!)それによると:

Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)

企業が外部エコシステム(顧客、市場)の劇的な変化に対応しつつ、内部エコシステム(組織、文化、従業員)の変革を牽引しながら、第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)を利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデルを通して、ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで価値を創出し、競争上の優位性を確立すること

 エコシステム、プラットフォーム、ビッグデータ、アナリティックス、ソーシャル、エクスペリエンスとIT詐欺師用語のオンパレードでありこれを仕掛けている輩がIT詐欺師とそのシンパであるのは明白であると決めつけてしまおう。一方学術的な起源も記述されており:

(1)デジタル・トランスフォーメーションの定義

そもそも「デジタル・トランスフォーメーション」という概念は、2004年にスウェーデンウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱された。教授の定義によると、「ICTの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること」とされている3

 そうですか。2004年(18年前)に北欧のセンセイが提唱された概念らしい。で、話を戻すと先の日経で危機を煽っているお方は:

分析・考察

デジタル化の遅れの要因には様々な指摘がある。いま一度考えてほしい。逆にその要因が解決したらデジタル化が進むといえるのか? 記事ではIT知識やIT人材の不足を要因に挙げているが、IT知識やIT人材が豊富ならばデジタル化は進むのだろうか? おそらくノーではないか。企業にとってデジタル化の目的は業務変革ができるに尽きる。いくら現場にIT知識があり、いくらIT人材がいても、彼らに業務を変える権限がなければ変えられない。仮に権限があっても、前例主義に陥った組織、経営者や上司の意向が重視される組織では業務は変えられない。問題の本質を見極めて、それを解決しない限り、デジタル敗戦は永遠に続くことになる。

www.nii.ac.jp

 NIIの研究者のようで敗戦とかいう昭和用語をお使いになっている様子から研究者さんなりの危機感を感じておられるのだろう(研究者としてが重要かもしれない)。

 再び記事を読み返すに

1.スイスのビジネススクールのランキングで日本は29位である。

2.この手の情報では毎度の如く北欧諸国が上位、総じて日本は下位に甘んじ、それを危機感/オワコン/ネガキャン/予算確保の口実/等々として活用する輩も存在する(上記人物がそれに加担しているとは申しませんが)

3.日本の地位低下の要因は知識(ITスキルとやらか?)不足らしい

世界デジタル競争力ランキングは毎年、各国の統計データや経営者・管理職への聞き取り調査を通じて公表される。全体の順位は「知識」「技術」「将来の準備」という3つの因子が持つそれぞれの順位を総合して決める。

首位のデンマークは市民が行政サービスにアクセスできるポータルサイト「borger.dk」など電子政府に強みを持つ。

2位の米国は資本力ビッグデータ活用に優れ、スタートアップが育つ環境が整っている。3位のスウェーデンは家具大手のイケアなど、欧州の中でも企業のクラウドサービスの活用レベルがトップクラスだ。

 著作権上は原文の半分迄引用可能な筈なので多少多めに引用を続けるに

 これって毎度の結果ありきの出羽守なポジショントークではないでしょうか?

というのが第一印象。次に日本は駄目だ敗戦だと朝日新聞ばりに煽っておきながら、しかもNIIという国の研究員のポジションでありながら

ではどうすれば良いかの具体策の提示に乏しい

 のは研究者は具体的な提案と実行を示唆或いは参加・活動するのはミッション外だからなのですかねぇ? 失礼な言い方をすればこのテキストだけで解釈するに

どこぞの日本学術会議の活動家の人たちと大差なし。理由は:

 ・単に愚民に危機感を煽るだけの感情的・扇状的な文章で長い割に中身が無い(本当に理系の情報研究者の文章なのか?)

 ・単にディジタル庁なる政府機関の批判をしたいだけ(それも具体的な提案もなく)だけなのか危機感の強調(という名の批判)に終始しておりこれでは文系朝日新聞日本が嫌いな輩の文章と大差ない(不毛な意味において)

 ・そんなに危機感がおありならば東大の松尾教授の如く具体的に知識の底上げの為の地道な活動に協力されては如何だろうか(既にされているのかもしれないが)?

 とG検定の名もなきオジサンとしては思う訳ですよ。どうも最近の日本経済新聞の記事を見るに活動家勢力が力を増しているのか客観性より主義主張なる活動家傾向、換言すると朝日新聞、変態新聞化が著しい(経済記事が駄目なのは既定事項として)印象を受けるのは私の気の所為だろうかと不安になる。

 まあ、猫に小判、豚に真珠、文系さんにIT詐欺師と笛吹けど踊らずは毎度の事で国家感もなく長期的視野・展望も無い文科省レベルの偏向活動家モドキの間抜け教育制度に立脚した「知識」では現状維持の様な気がしてならないし

そもそもスイスのビジネススクールとやらの情報の信頼性と価値って

どの程度の代物なんでしょうかねぇ。所詮は為のランキングで

出羽守の自虐ネタのソースになるだけなのでは。科学的根拠記されて無い様だし、

如何にも社会学者が好みそうな抽象的アイテムと恣意的な情報操作の可能性もありえるようだし個人的には為の情報を引用するのはお里が知れる(どこぞの左巻き活動家と同類疑惑)の誹りは免れないのでは?

 との根拠の無い疑念しか持てませんでしたというお話でした。

環境馬鹿が世界を滅ぼす(14):日経提言:)

 岸田政権が原発再稼働を明確に(だが具体的事項は?)政府方針として示し始めた為かあの日本経済新聞が日経提言とやらを記事にしている↓

www.nikkei.com

 経済以外はまともと言われている日本経済新聞の日経提言(まあこんな見出しを書けるのは面の革の厚い朝日新聞と日経ぐらいだろうか。それ以外のメディア様はそれすら書けない文系脳だから原子力なんて解りませんですかそうですか)で非科学的、理念(自分に都合の良い妄想の撒き散らしの同義語:)のみの朝日新聞の狂人記者ポエムに比べると多分マシなのだろう。当然経団連(特にエネルギー系、産業系)のご意向を忖度されている筈なので。ポイントは:

【この記事のポイント】
・エネルギーの安定供給と脱炭素の両立へ、日経新聞が緊急提言をまとめた
原発活用の体制を国主導で再構築し、再生エネは2050年で7割を目指す
・「移行期」の安定供給と資金確保に万全を期し、総力戦で臨む必要がある

 とまあ猫でも思いつきそうなというか政府方針を復唱しただけのようなこれって珍しいメディア様の政府応援演説の類なのだろう(困っている経団連のエネルギー系の意向を忖度した上での)。それで骨子とやらをコピペするに:

 書かれている事はごく普通で政府方針のコピー故、メディア様の政府応援演説と理解している。ただ所詮はメディア様で提言の割に具体性に乏しく、根拠となるエビデンスやモデルの記載も無くやはり政府応援演説(言葉的な)なのだろう。結びが:

脱炭素を成長戦略に位置付けるには資金の役割がカギを握る。黒字化が見通しにくい高難度の技術研究などに国が投資し民間資金の呼び水となるマネーの循環をつくることがポイントになる。

 これだから失礼ながら推敲の上書き上げられた「提言」かは疑問も感じる。折角子会社の日経BPが面白い記事を多数書いているのだから自己引用すれば良かったのではないか?どうせ他の文系メディアは理念(片思い或いは狂信)だけで科学的反論なぞ出来ようも無いのだから(特に朝日新聞:)。

 

力のプロトコル(7)

 我が国のメディア様ですら報道を始めた狐軍の崩壊と狐の徴兵に対する反対運動(こういうのを市民運動と呼ぶのではないだろうか?)が狐ランドの30万人(計画)の徴兵対処者のに動揺を与えている模様↓

www.sankei.com

 まあ産経だし加えて交戦国の元首の発言だから差し引いて見なければらなないかもしれぬが西側の大半、言い換えると狐影響工作配下の系統以外はこの見解に集約している。一方徴兵対象当事者の人たちは:

jp.reuters.com

 これも市民活動なのだろうが大義も無く碌な装備も訓練も受けず敵地(ウクライナ)前線に弾除けとして送られるソ連伝統の戦法の道具として消耗される物になるのを由とせぬ人が居るのは当然なのだろう↓

www.cnn.co.jp

 国家の命運は繰り返され歴史がそれを証明していると言えるのか否かは知らぬが長い年月を掛けて拡大した帝政ロシア日露戦争の敗北から色々あってロシア革命に繋がり誕生した「マルクスくんの妄想社会実験」が100年経たずして1991年に自己崩壊し、それを逆恨み・利用して権力の座を掠め取った狐が今、狐が定義するところの「国ですらないウクライナ」に軍事的に敗北しようとしている。果たして21世紀の今、嘗てロシアと呼ばれた地域の歴史は繰り返されるのだろうか。。。

20220924 10:38追記:

 そんなのお構い無しに(まあそれしか崩壊を防ぐ選択肢は無いのだろうが)狐は占領地域を併合する気満々の模様:

www.nikkei.com

 G7の「遺憾の意」程度で実力行使に及ばないのは力のプロトコルで想定内だし狐としては今回の敗北を「住民投票」で誤魔化す気なのだろう(か|ね)。G7を敵に回してパワーゲームに勝てないのはこの半年で充分痛い目に遭って分かったのではと思うのは素人考えで所詮KGBのエージェントに過ぎない狐には軍なぞ使い捨て(市民はそれ以下の物扱い)なのは古巣のソ連仕込みでこれが「マルクスくんの妄想社会実験」の現実なのだろうがそれを認知出来ないのは高齢化認知症のメディア様と70年普遍の石版読みで飯食ってきた文系大学センセイとガラパゴス中二病左翼モドキの活動家さんぐらいなのだろう。今は江戸の仇を長崎で討つつもりなのか安倍首相の国葬に反対活動で吹き上がっておられる様だが(嘆息)。

 

buildrootメモ(2)build2021.11 ← buildroot2020.2

 台風14号の接近で外出が躊躇われるが昨日は突発的豪雨を駅で回避して(偶然)その後は小雨になったので助かった。数十年に一度の台風らしいが最近の気候変化は従来の気象予報は基準にならない(失礼な言い方をすれば当てにならない)から気候変動分も踏まえた予報が必要なのは当事者の気象庁と民間予報機関も重々承知だろうし新たなモデルと精度の高い予報技術の確立が待たれるがこれって10年ぐらい前から徐々に顕著化している印象(印象=根拠無し)で環境破壊大国の支那、米国、幾多の途上国らに環境活動家の人たちは対象国の環境破壊度数順にペナルティを課せと何故活動しないのだろうか(特にCOPから追い出された死せる共産主義活動家グレタちゃんとか:)。自然現象は人間の浅はかな科学知識で解釈するに物理現象でもあるから科学に疎い脳内第一の理念とかいう不確実な戯言(或いは宗教)を拠り所にしかできない活動家(野党とも共産党とも)なる批判だけすれば餌が貰えるお気楽な職業の方々には地球環境より活動家の生活が第一なのだろう(か|ね)。まあ綺麗事を唱える輩の正体なんてみんなそんなものなのかもしれないが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 buildroot本家:

buildroot.org

 A285のUbuntu20.04に移行してからbuildrootの最近のバージョンを試してみた。条件は:

・ターゲットは68030

・buildroot2020.2で正常にビルド出来た環境の復元

 で消極的対応(或いは現状維持)であります。

1.結論

 ・buildroot2022系はコンパイル時のパス名が正しく設定されない様で使用不能(68030ターゲットの場合)で色々試行錯誤で2021.11でビルド出来たので

buildroot2021.11 と buildroot2020.2 の環境を保持する。一方buildroot2022.8(現時点の最新)ではqemu関係で遊んでみたので後述。

2.68030対応

 配布されているbuildrootではm68kは68040,mcf5208しかサポートしないので arch/Config.in.m68k にパッチかて修正する↓

lore.kernel.org

  多分有名なパッチだと思うのでこれで68030/020/000に対応できるようになる。

3.ターゲットボードの定義

 board/定義したいターゲット/linux.config を作成する。

4.configsの作成

 configs/作成したいconfig を作成する。書式はconfigsに沢山サンプルがあるからそれとbuildrootのマニュアルを参考にして適当に。正直情報を把握出来てないので試行錯誤でトライアンドエラーの非効率感半端ない(まあ、自分の無知故なのだが)。

5.make menuconfig ; make ; であとはbuildrootにおまかせで上手く行けばvmlinxとrootfsを output/images/に生成してくれる。

naka@naka-ThinkPad-A285:~/buildroot-2021.11/output$ ls
build  host  images  staging  target
naka@naka-ThinkPad-A285:~/buildroot-2021.11/output$ cd images
naka@naka-ThinkPad-A285:~/buildroot-2021.11/output/images$ ls -ltr
合計 10388
-rw-r--r-- 1 naka naka  4933748 Sep 19 13:27 vmlinux
-rw-r--r-- 1 naka naka 62914560 Sep 19 13:27 rootfs.ext2
lrwxrwxrwx 1 naka naka       11 Sep 19 13:27 rootfs.ext4 -> rootfs.ext2

 まあターゲットハードウェアが2次元(回路図)から実体化せずに早14年で単なる2年前の再現に過ぎないのだが。。。

6.qemu

 buildroot2022.8でqemu系のconfigsでビルドしてみた。or1k(Openrisk1000)とrisc-v64 virtの2つをビルドするとimagesディレクトリにqemu起動用シェルスクリプトが生成されるのでそれを実行すればqemu配下でターゲットプロセサ環境を実行可能(便利ですね)↓

buildroot2021.11とqemuのbuildroot2022.8

 画面右下がrisc-v64、右上がor1kのqemuで左が68030ターゲットでビルド終了でimagesディレクトリにvmlinx,rootfsが生成された状態(2年前と同じ内容だけど)。

 qemuの存在は知っていたがbuildrootに組み込まれていると何も考えずにmake一発でqemu環境と起動用の .shまで自動生成してくれるのでその条件下であればこんな楽な事は無いのだろう。

 

日ロボ(Nikkei Robotics)が面白い(でも高い:)

 批判や不平ばかりでは色々な意味でも不健全なのでたまには好評価/お勧めについて書く。それも日経で:)。とはいえ褒めて落とすのは印象が悪い(結局批判が目的なのだな、と理解されるしその為の手法とも言える。某メディア様や評論家さんの常套手段)ので経済以外はまともかと思いきやおっさん or ジジイ編集者が書くと昭和臭漂う時代錯誤な記事になるのが日経という卑近な例:

 

www.nikkei.com

 この記事をお書きになった記者さんはインターネットをご存知無いのだろうか(皮肉ですよ:)。或いはメディア様のスパースな情報空間、即ち昭和のメディア技術水準が令和四年の21世紀でも標準(まあ、昭和生まれのジジババにとってはそうかもしれないが。想定読者向けのサービスなのはどこのメディア様も同様か。ジジババメディア様(笑))。このシリーズの視点(ポジション)は:

・若者(Z世代って何?流行語にもなりそうもない造語はもう止めて)は或いは最近の社会は速さ・効率を求め過ぎる→いや昭和世代のジジババが非効率過ぎただけなのだがそれに気づかないのがメディア様の教養水準

・技術・サービスの進歩による効率化(情報・決済・サービス取得に不要なリアル店舗や仲介業者(銀行とか広告代理店とか商社とか一部の小売業とか)の減少は自然な流れなのに(馬車から自動車への技術転移と同様なレベル)それを理解出来ないメディア様(それも日本経済新聞社様が、だ)の昭和脳というか時代についていけない感→繰り返すが記者さんの読者さんのジジババ世代(non Z世代だからnZ世代とでも言うのかな?)を基準とした価値観しか書けない哀れさ(ため息)

・根底にはメディア様と対象読者が共感するような記事(ご本人らがお若い頃に当時のジジババ世代が批判していたのは忘れて:記憶に無くて)は噴飯物ではないか

 とまあこんなつまらん記事で紙面を埋める暇があるならとっとと若手のZ世代さんらに記事執筆を譲るなりアウトソースされては如何だろうか? 自分で書くのも不本意だが:

何でもかんでも高齢化問題と煽るメディア様もご多分に漏れず高齢化により情報処理能力とリテラシーにおいて(読者層の需要は満たしているとは言え)時流に追従出来ていない現実、平たく言えば技術も情報も分析出来ない時代遅れのジジババメディア様

 というのが根底にあるのでは(無論これは文系メディア様の巣窟たる新聞・テレビにも当然当てはまる。)と思料する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 翻って月間雑誌の通勤読書をするに日経エレクトロニクスと日経ロボティクス(以下に日ロボ)の情報密度の差に驚愕している(あくまで一個人の印象です:)。両者は雑誌故情報・品質にばらつきがあるのを考慮してもその有意差は存在すると見做している。

www.nikkeibpm.co.jp

 日ロボは創刊当初はその名の如くロボティックス関連(それも機構系の将に一般人がイメージするロボット)が主体だったが次第に物理的なロボットの比重が少なくなり体ではなく魂の領域と言える制御系、特に最新の機械学習アルゴリズムとその応用形態を複雑難解な理論や数式を抑えつつ本質を図面と要所の数式で解説する「AI技術含めた物理・仮想(非実在)Robotics技術の解説書」に変貌(私の視点では進化)している。

 これは読者層の要求に答えたものであると推測するがDeepLearing G検定程度の教養は必要な水準ではないかと勝手に解釈しているので今の知識水準の私にとってはなかなかに読み応えがあって薄い雑誌に月4150円を高価とはいえ3割ぐらいは回収できてるかといった印象。こんな事を言っては失礼かもしれないが日経エレクトロニクス(分野の違いを勘案するに)や増してや芸人木村の日経コンピュータでは到底不可能な記事内容ではないかと勝手に理解している。

 何年か前に特集されたTransformer(ロボットではなく:)技術が今頃仕事でも参考になる処があったりと今回の大規模言語モデルをロボットに適用も段階的進化を遂げて魂の側面から今後のrobotics技術を劇的に進化させて行くのだろう(確信と期待)。

 余談だがGAFAは認知されてもGAFAMは定着しない気がする(強いて書けばGAFAm:小文字程度の価値しかない旧世代企業のm社は不要なのでは?)。まあパソコンとかいう昭和世代の技術を経営基盤とする昭和生まれのモラトリアムブルースクリーン企業に先のZ世代さんは何ら価値を認めてはいないのでは(ああ、Excel作ってる会社ね?とか)。