ハズキルーペ(2022/06/30更新)

 私はテレビやメディア様とは無縁(Google Newsを見るくらい)なので盛大にCMを打っていたらしいハズキルーペなる物を知ったのはYouTubeのとあるチャンネルからでありました。過去にアドレンズスペアペアという可変焦点簡易眼鏡を買った事があるのだが構造上見える範囲が制限されて本人の視力が不安定(緑内障と老眼と近眼の相乗効果と思われる。加齢による自然な変化なのかもしれないが仕事がら終日画面と書類を読みつづける(それも技術文書)故、目の負担は厳しく8時間で限界に達しそれ以降は眼鏡を外したり、裸眼でド近眼モードで画面睨むいかにもな行為を繰り返している。

 そういう経緯もあってハズキルーペなる物を調べてみると:

・眼鏡形状のルーペ(両眼、いわゆる虫眼鏡)

・眼鏡を外さずに然程不自然でない状態で重ね装着が可能(最大の利点、商品価値)

・固定焦点(x1.32,x1.6、x1.8)

・市場価格は固定倍率品で7千円程度(Amazon)

 と認識している。TVのCMなんて見たこと無いのでその印象は書けないが情報によるとターゲットが高齢者でテレビやメディア様の影響を強く受ける世代故、相当に協力(ジジババに受ける、老眼鏡ジジババでも相応に格好良く見える、見せる?、プラレンズ、フレームの人体強度試験とか)な昔からの広告手法が使えるターゲットで広告代理店さん久々に広告収入稼げて良かったね(笑)↓

www.hazuki-l.co.jp

 私はいつものようにAmazonでx1.32,x1.6,x1.8を購入して今x1.32を試しているが常用している遠近眼鏡(近々には不適)にはずきx1.32を装着して今ノート(Yoga710)でこのテキストを入力しているが体調(目の)次第だが結構使える印象。職場で3種を色々変えて(眼鏡も近々、遠近との組み合わせで2x3=6パタン)で試してみようと思っている。眼鏡を久々に新調しようかと考えていたが視力が安定しないので躊躇しており且つ結構高い(前の眼鏡は7〜8万円掛かった)ので常用は不可能な装着型両眼ルーペとしてのハズキルーペを試用してみる。具合が良ければもう1セット(多分x1.32)を揃えようかとも思うが所詮気休めに終わる可能性も(過去の事例からして)充分にある。同世代のジジババに見られる悪あがき(あるいは加齢への自然な対処)といふことで。

2022/06/30更新:

 今自宅でYoga710の画面に遠近+x1.32で作業しているが

 会社で使ってみた結果(遠近:遠近眼鏡、近々:近々眼鏡):

       遠近     近々

x1.32  画面     ☓

x1.6   書類     ☓

x1.8   ☓       ☓

 という感じになった。纏めると

・画面には遠近+x1.32が好適

・書類には遠近+x1.6が好適(だが最後は裸眼で凝視:)

・それ以外の組み合わせは不適

 であった。近々とは北海道に本店がある眼鏡屋さんに無理して作ってもらった特殊な眼鏡で結構きつく、長時間画面を見る(文献を画面で読み込む)と相当目が疲労(俗に言う「目がショボショボする感覚」で以後の作業に支障を来していたが(日によって異なる)遠近+x1.32だとフラセボかもしれないが目の疲労感が幾分緩和されたような気がしないでもない(日によって異なるので1w程使用しないと判断出来ないが)。

 これを踏まえて自宅用にもx1.32とx1.6を注文した。x1.8は1005のSMD部品が見えるようになるとの情報もあるようなので今度試してみようかと思っている。願望に近い楽観論だがx1.8でSMD部品が見えるようになれば再びプリント基板を作りたくなるかもしれないとの思いもあったりする。

 それが僅か7千円で叶うのであれば(あれば)私にとっては充分に安いと考える。

 まあ、所詮は眼鏡型虫眼鏡に過ぎないので過度な長時間使用や無理な用法は避けたいもの(常時虫眼鏡を持ち歩くのは異様であろうから)。感覚的にはアドレンズスペアペアよりお得(倍の価格だが)な買い物に思えるし費用対効果に疑問のある眼鏡更新は延期とする。