増税の為なら何でもする人達

 岡本財務次官率いる我が国最高省庁たる財務省は日夜省益(無論自身の老後含めてだ)拡大の手段の為の増税に余念が無く今度は3円固定増税でコンビニレジ袋増税というセクシー大臣をデコイ(ホントセクシー大臣ってルックスは素晴らしいのに地頭悪すぎ。親父の野生・感性は遺伝している筈なのだが)にして世界的詐欺師集団(利権団体とも)の環境増税に向けてまたもやセコい(ホント最近のエリート官僚さんって品の無い言い方だが「お尻のアナが小さい」ようでらっしゃる。国の為の増税ならば顔がネットに晒されようが個人住所が流出しようがビクともしない筈では。ゴリラ女議員が無辜の一民間人の個人情報を国会で晒しておきながら罪に問われない腐った世の中だし平和な時代が長く続きすぎると官僚システムも国会も政治も空洞化して縮小するのだろう。ISO14001に少しでも関わると良く分かるのだが所詮企業の環境活動なぞ利権団体(ISO)がJQA等のアウトソース(天下り確保とも)したエコシステムのルールに準拠していさえすれば他は何もしなくても(何をしても)無問題である点を理解する必要がある。自称正義の見方ぶってる環境団体の正体が環境テロリストであってそれを国際的テロリストの巣窟たる連合国(United Nations、所謂国連の事だ)がそれを組織的に支援しているエコシステムが盤石故今後もがん細胞の如く「環境保護活動」が地球を蝕んでいくのだろう。それにしても「3円レジ袋増税」なんてどこの阿呆が考え出したんだろうねぇ。やはり実務能力皆無の通産省時代の過去の栄光を取り戻したいが実力も人材も全く揃わない経産省内閣のおバカちゃんだろうか。まあそういうおバカちゃんにオモチャにされてる政治家と奴隷にされてる国民はいい加減真面目に怒るべきなのだが。繰り返すが今回の「岡本レジ袋増税」はそのやり口の貧相さとパシリの担当官庁のあフォさ加減ばかり目立つ令和二年のおバカ行為にランキングされるのではと考えます。部分最適化は全体最適化になるとは限らないの典型的例。もっとも岡本は増税の口実になればセクシー大臣のようなゴミは使い捨てで無問題だから只管省益拡大の為の増税しか眼中に無いのだろうけどね。二十年先の次官が誰か決まっている最高省庁にしてはセクハラだの文書偽造だの自殺者だのお魚券だの東大法学部の超エリート様の施策にしては提灯メディア様以外の一般人からの批判が絶えないのに虫けら共がワーワー言ってる程度にしか感じないのは流石上級国民様のお考えになる事は私の如きゲジゲジには想像も着きませぬ。東大法学部でもバランスシートって習うよね?