再稼働はまだか

 電力状況が逼迫しつつある中、キッシーは相変わらず何もしない中でおバカメディア(今回は外信の日本人と思しき記者)がミスリードを超える偏向タイトルをつけやがったが内容はまともなので注意する必要がある(タイトルは率直に言えばデマです:或いはタイトル付けた人の主観あるいは願望)。

www.bloomberg.co.jp

 こういう日本語読解力の無い「何でも自分の考えに偏向させる病」がメディア様に多数存在する(故に一般企業に就職出来なかった仮説も:出典 暗黒卿:)ようだが上記記事の趣旨は:

  • 今すべきは国民への説明努力、テロ対策施設設置の日本の原発は安全
  • 小型モジュール炉にも厳しい視線、安全要求同じで経済性成り立たず

 であるのに(それをタイトルにすべきなのに)稲島剛史、小田翔子とかいう記者さんは何が何でも政治問題化(或いは政府批判)に結びつけたいらしい。確かにキッシーの何もしない行動原理は今回の状況に対しては不適切で批判されるべきだがそれはメディア様の一担当記者如きに言われる類のものでもあるまい(偉そうに。。。)。

 頭を冷やすと電力供給責任を担う業界団体からデータは提示されており↓

www.fepc.or.jp

電気事業連合会

 上記資料中の許可と審査中の原発の状況がポイントとなる。そうした中で再稼働前倒しを検討している発電所も現れた様で↓

news.yahoo.co.jp

 そうした中でもワイドショー民主主義(そんな言葉は存在しないのだが)の岸田首相はメディア様の報道によると(偏向ファクター不明)↓

www.asahi.com

 まあ岸田語の「しっかり(検討を)進める」とは官僚答弁の「前向きに検討する(=何もしない)」のシソーラス(同義語)だから参議院選挙で敗北でもしない限りは変わらないのだろう。現在の政党支持率調査では与党圧勝と言われているので自動運転は続くのだろう。岸田さんいい人なのかもしれないが影が薄いねぇ(余計なお世話だけど)。。。