力のプロトコル(4)

20220804 05:14追記:

 おおこれぞ力のプロトコル。米国はこうでなくちゃね。支那のハリボテとは大違い。流石戦争慣れして戦争に勝った(或いは負けた)経験豊富な超大国は力のプロトコルの使い方を適切に用いている(果たして我が国は。。。)↓

www.jiji.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 外交とは力であり力とは国力(軍事と経済)であり国際社会ではそれが標準(Standard)である。こういう基本が理解出来ていない(理解出来るオツムが無いのか狐とプーさんの夢の国にお住まい故か?)或いはそうさせたいメディア様の誘導(洗脳と言ってもよいのでは)に毒されていたのが破綻したのは狐のウクライナ戦争と今回の余命数カ月(下院議長としては)なクンクン野郎ランドの序列3位の下院議長の訪台と他国の反応だろう↓

jp.reuters.com

 この写真が実情なのかブラフなのかプロパガンダなのか確認出来ないが仮にJ-20だとするならば台湾はJ-20のRCSに関するデータを把握しているのかもしれない(レーダリフレクタ装備した状態だろうから参考にならないだろうけれど)。それにしても米国機の進路妨害(撃墜とか言ってませんでしたっけ?火がどうとかも)も何も出来ずサイバー攻撃も米国にではなく何故か台湾への攻撃?とプーさん力の見せる対象を間違えてませんかねぇ。ああそれとも米軍が怖くて手を出せなかった。それも下院議長が台湾を離れてからおっとり刀での力のプロトコルですか(何と平和的な(皮肉ですよ:))。

www.nikkei.com

 一方米国下院議長(以下略)は公開情報で移動経路も公開されていたのだからお中華様も当然把握していた筈でそれでも火遊びも妨害も撃墜も出来なかったのは(あたりまえだが)今回の力のプロトコル合戦は

クンクン野郎が支那プーに圧勝

 と世界的には評価されている。もしここで米国が訪台を延期なり取り止めたならば暗黒卿が示唆してる様に台湾侵攻にGoサインが出たと支那プーは勘違いして狐がウクライナを侵攻(現在進行系のウクライナ戦争である)したクンクン野郎の外交の失敗(これだけではないが中間選挙での民主党敗北予想の要因の一つとされている)の再現となり我が国も含めて紛争(或いは戦争)に発展していた可能性は高かったのだろう(現在進行系ではあるが)。もっともクンクン野郎が中間選挙で敗北すると(その可能性は高く既定事項とされている向きもある)下院が共和党に逆転されクンクン野郎が今以上に固まってしまうから別の意味で権威主義国家共には吉報なのかもしれない。。。

20220804 4:44追記:

 専門家サイト(翻訳含む)によると↓

aviation-space-business.blogspot.com

 当然ながら米軍は序列3位を守る為のさまざまなサポート体制を敷いていた模様で

ペロシは台湾到着後に発表した声明の中で、「われわれ代表団の台湾訪問は、台湾の活力ある民主主義を支援する米国の揺るぎないコミットメントを称えるものである。「台湾の指導者との話し合いは、我々のパートナーへの支持を再確認し、自由で開かれたインド太平洋地域の推進を含む、我々の共通の利益を促進するものである」と述べた。

 

ペロシはまた、今回の訪問が台湾に関する米政策と矛盾する、あるいは変更することを否定した。米国政府は台湾政府を正式に承認していないが、台湾の地位が正式に解決されるまで、外交、軍事、その他の問題で台湾当局と関与する権利を留保している

 こういう重要な外交メッセージを何故か報道しない我が国のお中華様走狗メディア様はウルトラセブンのビラ星人の如く「体は人間でも心はお中華様の走狗」と化しているのでしょうなぁ(特に朝日、変態、意識高い系の自称進歩的知識人(実態は20世紀に失敗した社会実験に反省もせず妄想空間で余生を終えたい現実逃避野郎さま))。

 我が国の自称リベラルとは狐か支那プーの走狗を指すらしい(お気の毒に)。。。