やはりLinuxは頼りになる(少なくとも私にとっては)お話

 やんごとなき事情で帰省しているが移動に耐えられる軽量級マシンがA285でCF-J10も選択肢にあったがテレワーク(恥ずかし:)試したかったので画面の大きい(12.5インチの大画面(爆):)なA285をカバンに詰め込みA350XWB国内線に乗ってはるばる海を超えてきたのでした。まあそこまでは良かったのだけどここからがWindowsの呪いの始まりで色々設定を変えてみてもWindows10からiphone経由でWifiで接続出来ない(接続出来ませんでした・・とさ:バカものめが!:)。幸い私のノートはほぼ全てLinuxがインストールされているので随分前(2019年頃)に導入したUbuntu Mate 18.04を起動してiphoneWifi接続出来るようになった(一安心)。今はその環境でこれを書いているのだがYouTubueも普通に閲覧出来るしLTEにしてはまあそれなりの帯域(当方5G使ったことないのでわかりません)でテレワークは遅延が大きくかなり厳しいが大陸的感覚を習得出来れば使えないでもない印象(使えないの婉曲的表現)。

珍兵器(プラスチック装甲)

 それにしてもWindowsというかMSとの相性が悪い(被害妄想かもしれない)人はこの世にあまたおわしますが今回のような状況は正直勘弁して欲しい。こういう原因不明の不安定要因(MSとその信者からしたら仕様通り、そんなの常識(ニヤニヤ))といった反応をされるのかもしれないが眼の前の問題を解決せねばならないのが日常であるから自力で解決可能な手段(今回はUbuntu Mateをおまけインストールしていた事)を確保しておかねば困るというお話でした。

 今日の20時初の便で戻るので家に着くのは23時過ぎになりそう。

と思ってたらUSBケーブル抜いた刹那Firefoxが死んでしまった(涙)。Mate 18.04(当時)は結構機種選んで不安定というかESC押下すると死ぬ等トラップもあってやはりUbuntu 20.04か最新の22.04にアップデートすべきかもしれない(今回の如き失敗する前に)。それとは別次元でA285、結構気に入っております(BTOで16GBにしたしSSDも強化したいがお金が・・・)。

 蝉しぐれを浴びつつ南国にて(沖縄ではありません)。