環境馬鹿が世界を滅ぼす(13):正体がバレてしまったよ(爆笑:)

 メディア様が大好きなスウェーデンのグレタ(ガルボではない:)醜少女が予想どおり20世紀末に自壊したマルクスくんの妄想信者である事がバレて「資本主義者の集まり」のCOPに呼ばれなくなったとの事↓

cigs.canon

 まあこの人素性からして怪しいしご両親からしてリベラル(日本のエセではなくガチな)ですなわちソ連崩壊が存在しないパラレルワールドを信仰する我が国にも生息していると言われるガラパゴスソ連教徒(死滅確定:)であったという事なのだろう。

それにしても100年続かない国家で20世紀の社会実験で大失敗したインチキ統治メソッド(計画経済とか仕事無くても年金貰えるとか8割の国民が公務員とか:)で実態は1984を上回る権威主義国家な「真の警察国家」である事は支那を見れば(教徒さん以外は)自明であろうに(それが見えないメディア様、自称進歩的知識人さん、失敗学ならいざしらず未だに20世紀末に失敗したシステムを最高学府で研究されている研究者(実は活動家)さん達:可愛そう。。。)

 そりゃ人生の半分以上掛けて理念と情熱を注ぎ込んできた活動が実は失敗・敗退してブルジョア共の社会システム(資本主義と呼ばれる)に完全敗退した歴史的事実を30年経過しても認められない哀れな輩なのは自業自得だしご自身の脳内でそれを認めないのは個人の自由だが現実と脳内理念を朝日や変態やトンキン新聞の如き文系活動家モドキが混同(混乱・狂乱・発狂)するから面倒臭い事になって散発されるトンデモ報道の背景(朝日新聞らにとっては社是)になっているのだろう。

こういう輩はソ連と同様に経済的破滅・自滅が最も効果的と思われるのだが幸いにしてメディア様は自らその方向へ着実に進まれている様で何より(皮肉ですよ)。

 それはそれとしてこのような宣伝(プロパガンダ)の旨さは自由主義国家の我々も善き(効果的、機能的)な面は取り入れ、そうでない面は修正すれば良いのだが彼らは教条主義憲法九条教とか:)だから「修正=間違いを認める」と見做され実行出来ないから今に至っているのだろう。

可愛そうな人たち(二回目)

 いづれにせよマルクスくんの妄想ワールドVersion2が環境馬鹿であるならば同様の理由で自滅するでしょうね(統合ドイツのディーゼルゲートの如く「大胆な政策転換、とか?」、いやあれは二度の世界大戦の震源となったドイツ人の面の革の厚さ(良い意味での活力)ですかねぇ。同じ敗戦国として我が国も見習わなければ(皮肉ですよ:))。まあ理念の人たち(メディア様とかメディア様とかメディア様とか)は口先だけで現実の責任は負わないから永遠に鳥頭でそれが「ジャーナリズム(鳥頭)」と信じ込んでいるのかなぁ。鳥頭だから3歩歩けばそれも忘れそうだけど。