国営報道と大本営(笑)

 我が国のメディア様と自称進歩的知識人(でも狐ソ連に戻りたいが心の拠り所)とマルクス君の妄想ランドを最高学府でこねくり回しておられる文系センセーら教養人を詐称される活動家の方々は大本営がお好きでらっしゃる様で折に触れ「アベがまた大本営発表をする〜(脊髄反射)」とホーマー・シンプソンと1人野党のSNS川柳老婆がビジネス野党のエコシステムとしてご活動なさっておられるが(そんな言論の自由が守られている民主主義・自由主義って素敵)狐ランドの大本営は彼らの思考停止回路では良い大本営で与党のそれは悪い大本営なのだろう(かねぇ:笑)↓

www.jiji.com

 情報戦争って狐ソ連に戻りたい狂人がKGBソ連メソッドで国営通信社から影響力工作(最近はSNS活用も重要)をあフォな西側メディアと上記狐ファンクラブ(絶滅危惧種@だけど世襲だから後継者は居るよ)のインターナショナルな世界的支援を受けて狐脳内定義(妄想とも病理とも)な「ファシズム」と戦っているのだろう(か)。

 一方我が国のメディア様でも財務省のポチメディア最右翼の日経も経済記事でなければまともな報道がされているようで↓

www.nikkei.com

 狐ランドがどうのこうのと言うよりかは戦争中で情報管制しない方が異様でこれは狐の詰めの甘さというか独裁体制がまだ不十分というか支那プーを見習えというか金も技術も法整備も不十分だから検閲体制が整わず(狐の頭の古さもあってか)KGBソ連流な統制しか出来ない訳で狐もストレスが溜まっているのでは(支那プーが羨ましい・・とか)。