メタバなんちゃらとかいう古い革袋に新しい酒(まあ何度でも挑戦して欲しいが)

 メタバなんちゃらとかいうIT詐欺師工作活動の最近バージョンについてハードウェア側面での主に五感が頼りなくなった高齢者や体の不自由な方(場合により心が不自由な方も含まれるのかもしれない)への「IT(笑)による補完装置」という観点での将来に期待すると書いた↓

aki-iic.hatenablog.com IT詐欺師(特にハードウェア系ベンダ)が様子見が多い中で損失が少ないソフトウェア・SNS系ベンダは販売活動の一環或いは広告投資(成功しなくても別段何とも無い)としてアーリアダプタという金の掛からぬ活動家と小銭で買ってる自称IT評論家・メディア様を使って世間のカモ(失礼)を煽るのは毎度のお話。

 何せIT業界三悪党のマイクロソフトFacebookときたものだから結果は見えている気がしないでもないし繰り返すが別段何度失敗しようが嘗てのセカンドライフSonyのモモちゃんのお部屋(名前忘れた)の如く大して維持費用も掛からないし広告になる程度のカモ(じゃなくてアーリーアダプタパイロットユーザ)とキャリア様を巻き込んで使い捨て型サービスの一丁あがりである。

 何やら特徴として永続性・同期性があるそうだが役所や銀行・政府系システムすら50年も維持出来ず(そもそもIT機器の寿命は長くて十数年)にみずほ銀行のシステムをメディア様はご批判なさっている(現実感としてはシステム・ハードウェアのライフサイクル不整合を招いたユーザ経営層の責任は免れないのではと個人的には考えている)21世紀前半のテクノロジレベルでは

 ちゃんちゃらおかしい

 と苦笑せざるを得ない。やはり現実逃避系の意識高い系の方々(私含めてそういう方々はコミュ障傾向が少なくない)の妄想に何故それに不自由せず生存てきてるリアル世界の大多数の人類を巻き込もうと意識高い活動をなさっているのは無論金(あるいはカモの獲得による宗教化)である。何番煎じか数えるのも面倒臭いが脱税だの支那を超える言論弾圧で公権力に訴えられているザッカーバーグ君は君自身の問題にリアル空間で真摯に取り組むのが先なのではないだろうか。自分に都合の良い「仮想世界」に逃げこもうとせずに。