環境馬鹿が世界を滅ぼす(6)狐と意識高い系

 狐ソ連に戻りたい狂人の凶行により狐ランドがソ連時代の連邦共和国であり同盟国でもあったウクライナを狐の狂気によって侵略戦争を始めて3週目に入った。狐の予想では数日で首都制圧で1wで傀儡政権樹立の計画が2022年3月12日(日本時間)7:43現在そのいづれも達成されていない。それどころかほぼ兵力の100%を投入し90%は残存している状況でそのいづれもが達成されておらず原発や民間人居住区挙句の果ては病院を爆撃する等流石ソ連に戻りたい気違狐にとっては国際法は破る為に有り国連は都合の良い時に使いそうでない場合は無視し事実とは狐の発信する情報拡散であると将にソ連KGBwayまっしぐらである。さてエネルギーという急所を握られ続け(というか利権目当てに開発に膨大な投資を行ってきたオイルメジャーさん)特に意識高い系とメルケルババアの狐旧ソ連東欧の同志とズブズブだった為狐制裁にも消極的だったのが少しずつ転換し政治的判断なのか民意の反映か同盟国(まあ米国だわな)の圧力という協力を受けて狐エネルギーから距離を起きそうな声明を発した模様↓

www.nikkei.com

 今の状況では狐が発狂してNBC兵器を戦術的に使用すれば陸続きの欧州は少なからぬ影響を物理的に受けるしさんざん狐エネルギー開発で美味しい思いをしてきたメジャーさんとそのエコシステム配下の企業・組織(当然我が国の企業・組織・団体も含まれる)は狐エネルギーから引くか否かをクンクン野郎から求められておりそれに対する意識高い系EU様の「公式表明」なのだろう。さてこれにより脱炭素とか寝言を言っておられる状況に無く(戦争ですぞ)既に転換した原子力への回帰と効率的な化石燃料の供給源確保で現在の生活・経済水準を維持するのが最優先課題となり脱炭素とか地球環境がどうちゃらとかは余裕の有る意識高い系国家なり実働能力ゼロかマイナスの口だけ活動家の空疎なパフォーマンス(最近は芸人だのアイドル等の「ライトパフォーマ」も少なくないようで。ああ311でたかが電気とか抜かしてた電子楽器(古い)の黄色いオジサンとかもおったな(遠い目))でそういうセグメントの方々は浮かれていれば宜しいのでは。

 我が国も経産省が本気で原発再稼働と効率と安定性の高いエネルギー供給経路を確保しないと狐ランドのエネルギーはイランの如く闇ルートか支那に流れるからそれ以外の資源確保を国策として後年「脱炭素ってバズワードだったね〜(笑)」と若者から揶揄される未来が訪れると良いのだが。

 技術とイデオロギーと活動家を混ぜてはいけないと思うのです。